アキレス腱を断裂してしまったランナーの、マラソンサブスリーを達成するまでの実体験記

アキレス腱断裂からサブスリー

完治レポート

装具終了(手術後8週間)

投稿日:

img_6472

病院で8週間後診断を受診。2週間目から利用していた装具を卒業することになりました。

アキレス腱断裂治療は、新たなステージへ突入しました。

装具を卒業

経過は順調とのこと。装具は終了となりました。とはいえ、しばらくは飲み会などの時は装着していった方が安全とのこと。

再断裂しやすい時期ということで、ここでリスクをかけてもしょうないので、一週間くらいは外出時に装具をしていきました。

次の診断はいきなり約3ヶ月の翌年2月。ここまでくれば、特に診ることもないのでしょう。くれぐれも無理はしないようにと言われました。

ジョギングは半年後から、ゴルフならやっても良いと言われました。半年後?えー! それは弱気過ぎる。

カーフレイズによる筋トレ開始

9週間で、自力で足首の背屈したときの角度が、左右同じくらいになりました。ただし、体重をかけての角度はまだまだ浅いです。

img_6681

11週からカーフレイズを始めました。両足でつま先立ちを繰り返す運動です。かかとを着けずに、つま先立ちをゆっくり100回。ところが、最初は10回くらいで左足のふくらはぎが攣ってきてしまいました。

やはり2ヶ月以上のブランクは大きいです。カーフレイズをした後は足首の可動域が広くなります。ウォーキングの前に実施すると、歩きやすいです。

同じく11週からウォーキングの距離を5kmに伸ばしました。

-完治レポート

Copyright© アキレス腱断裂からサブスリー , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.