アキレス腱を断裂してしまったランナーの、マラソンサブスリーを達成するまでの実体験記

アキレス腱断裂からサブスリー

完治レポート

ウォーキング開始(手術後6週間)

投稿日:2016年12月16日 更新日:

6週間後検診へ。念願の装具卒業が、いよいよ近づいてきました。

室内歩行OK

装具のスペーサーをさらに2枚抜いて、足首の角度はほぼ90度に。歩きやすいですが、アキレス腱が伸ばされて痛みが出ました。いよいよ本格的に可動域を広げていく段階になってきました。

室内での装具なしの歩行がOKになりました。装具なしでの外出はしないでくれとのこと。

整骨院へ

病院ではリハビリ的なことはまったくしてくれないので、近所の整骨院にも通い始めました。電気マッサージと超音波、足首のマッサージをすることで、足首がほぐれて、歩きやすくなります。

整骨院の先生からは「室内で歩行OKなら、室外でも歩いちゃったら?」と言われました。確かに安全なら問題ない。アキレス腱断裂の早期回復には、積極的に歩いたほうが良いそうです。

室外歩行リハビリを開始

最初は1kmを40分くらいかけてゆっくり歩きました。装具なしで歩くのは久々です。最初はこわごわですが、気持ち良いです。3日後には2km、4日後には3kmまで距離を伸ばしました。次第に可動域も広がって、歩きやすくなってきました。

たまに「ビリビリ!」と傷口に激痛が。でも、すぐに痛みはひきます。傷口の癒着が剥がれているようです。その後は可動域が広がる感じがします。

ただ歩くだけだと退屈なので、こちらも久々、ポケモンGOを復活させました。一ヶ月半もご無沙汰していて、ジムのレベルが高すぎです。

とにかく歩くのが楽しくて、毎日歩きました。雨の日も傘をさして歩きました。日に日に歩行がスムーズになっていくのも、励みになりました。

-完治レポート

Copyright© アキレス腱断裂からサブスリー , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.